世の中のキニナル話題を紹介します

【スマホ編】Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法

アバター
WRITER
 
analytics-exclusion-sp
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

Warning: in_array() expects parameter 2 to be array, null given in /home/sekidaisuke3/kininal-topic.com/public_html/wp-content/plugins/wp-appbox/inc/getappinfo.class.php on line 997

前回の記事で、PCブラウザでの自分のアクセスを除外する方法を紹介しました。

「Google アナリティクス オプトアウト アドオン」というGoogleが公式に推奨しているアドオンを使用することで、簡単に自分のアクセスをGoogleアナリティクスのカウントから除外することができます。

ただし、「Google アナリティクス オプトアウト アドオン」で除外できるのはPCブラウザからのアクセスのみで、スマホからのアクセス除外には対応していません。

少し前まではスマホからのアクセスを除外するいい方法がなく、スマホ表示の確認をPCブラウザのスマホ表示モードで確認するなど、極力スマホから自分のサイトを見ないようにしていましたが、最近ある無料アプリを使用することで、簡単に自分のスマホからのアクセスを除外できることを知りました。

今回は「【スマホ編】Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法」を紹介します。

スポンサーリンク
 
 

【スマホ編】Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法

対象となるデバイス

今回の方法でアクセスを除外できるのはiPhoneのSafariからのアクセスのみとなります。

「AdFilter」アプリを導入する

The app was not found in the store. 🙁

自分のスマホからのアクセスを除外するためには「Adfilter」というアプリをインストールする必要があります。

もともとはWEBページ上の広告表示をブロックすることを目的としたアプリのようですが、Googleアナリティクスなどのアクセス解析ツールへの通信をブロックしてくれるように設定することが可能です。

では、早速設定方法を説明しますね。

STEP1:「設定」でAdFilterを有効化

「AdFilter」のダウンロードが完了したら、「AdFilter」を立ち上げる前に、まずは「設定」アプリを開いてください。

analytics-exclusion-sp01
analytics-exclusion-sp02

「設定」>「Safari」>「コンテンツブロッカー」と進み、「AdFilter」を有効化してください。

STEP2:「AdFilter」での設定

analytics-exclusion-sp03

「AdFilter」アプリ画面下部にある「高度なブロック」を選択します。

「アクセス解析ブロック」欄にある「Googleアナリティクス」を有効にします。

その他のアクセス解析ツールを使用していて、そちらへの通信もブロックしたい場合は、任意で有効にしてください。

Googleアナリティクス以外のツールを使用していない場合は、ひとまずGoogleアナリティクス以外の項目はオフにしておきましょう。

STEP3:アクセスを除外したいサイトを登録する

analytics-exclusion-sp03

「AdFilter」アプリ画面下部メニューより「サイト別設定」を選択します。

画面右上の「+」アイコンを選択してください。

analytics-exclusion-sp04

対象サイトにドメイン(「http://」や「https://」を除いたURL)を入力。

「アクセス解析ブロック」のみをオンにし、その他の項目はオフにしてください。

最後に右上の「保存」を選択すれば設定完了です。

STEP4:自分のアクセスが除外されているか確認する

最後に、本当に自分のアクセスが除外されているか確認しましょう。

まずは、Safariで自分のサイトを表示します。

次に、別タブでGoogleアナリティクスのホームを表示してください。

Googleアナリティクスのホーム画面には「アクティブユーザーのリアルタイム」という項目があり、今現在サイトを訪れているユーザー数を確認することができます。

サイトの訪問者の少ない開設初期は、基本的にここは0であることが多いです。

それを利用して、自分のアクセスがちゃんと除外されているか確認しましょう。

さきほど別タブで自分のサイトを表示しましたよね。

もし自分のアクセスが除外されていなければ、アクティブユーザーが「1」になっているはずです。

ここが「0」であれば自分のアクセスはきちんと除外されています。

アクティブユーザーが「2以上」の時の確認方法

アクティブユーザーが「2以上」だった時は、さきほど別タブで表示した自分のサイトを閉じてください。

そして1分以上まってもアクティブユーザー数が減らなければ、自分のアクセスがカウントされていないことがわかります。

スポンサーリンク

Android版「AdFilter」もある

今回は確認しませんでしたが、Android版の「AdFilter」もGoogle Play Storeから入手できるようです。

設定の方法も基本的には今回と同様だと思います。

Android端末をお使いの方はぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「【スマホ編】Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法」を紹介しました。

PCからのアクセス除外はいくつか方法があり、以前から設定していたのですが、スマホからのアクセス除外の方法がわからず、ずっとスマホからはサイトを見ないようにしていました。

でも今回の方法を使えば簡単にスマホからのアクセス除外が可能なので、これからは確認作業がより捗りますね!

スマホからのアクセス除外の方法を探していた方は、ぜひ試してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Kininal , 2019 All Rights Reserved.