世の中のキニナル話題を紹介します

森昌子が年内で引退!その後の人生は?ラストはいつ?

アバター
WRITER
 
morimasako-intai
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら
歌手の森昌子さんが年内いっぱいで引退することを発表し、話題になっていますね。

森昌子さんといえば、歌手としてだけでなく、バラエティー番組でもたびたび拝見する機会があり、大活躍されていますね。

突然の引退発表にはどんな理由があったのでしょうか?

今回は森昌子さんの引退発表についてキニナル情報を調べてみました!

スポンサーリンク
 
 

森昌子さんを簡単に紹介

森昌子(もりまさこ)さん

本名は森田昌子さんとおっしゃるんですね。

1958年10月13日生まれ、栃木県宇都宮市の出身です。

1971年に日本テレビ「スター誕生!」へ弱冠13歳で出場、見事初代グランドチャンピオンとなります。

その後アイドル、演歌歌手、女優として活躍されていきます。

長男は「ONE OK ROCK」のボーカリストであるTakaこと森内貴寛さん。

次男はテレビ東京に勤務するサラリーマン。

三男はロックバンド「MY FIRST STORY」のボーカリストであるHiroこと森内寛樹さんです。

森昌子さんは一度芸能界を引退していた!

実は森昌子さん、一度芸能界を引退しているんです。

1986年に森進一さんと結婚した際、引退コンサートを行い歌手業を引退されています。

その後約20年の間芸能界を引退されていましたが、2005年に森進一さんと離婚され、2006年に芸能界に復帰されています。

スポンサーリンク

森昌子さんが年内いっぱいでの引退を発表!

そんな森昌子さんですが、年内いっぱいでの引退を発表されましたね。

人生の残された時間を具体的に考え始めた時に、芸能活動以外の事に時間を使って人生を充実させたいと思うようになりました。

引用:Yahoo!ニュース「森昌子、年内で引退!還暦イヤー今年で見納め「幸せな歌手人生だったhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190325-00000503-sanspo-ent

と語られています。

定年の年齢がどんどん上がってきているとは言え、還暦(60歳)は人生の節目であると思います。

先に触れた三人の息子さんもそれぞれ成人、独立し、子育ても完全に終了されたというところで、森昌子さん自身の残りの人生を考え、芸能活動以外の時間に目を向けられたのでしょうね。

森昌子さんは2018年の引退を決意していた!?

森昌子さん本人は還暦の年である、2018年大みそかをもっての引退を同年10月に事務所へ申し入れていたそうです。

ただ、引退までの期間があまりに短く、事務所からも「全国のファンに感謝の気持ちを届けてからでも遅くないのでは」と説得され、森昌子さん自身も「幸せな歌手人生だったことを直接伝えなければいけない」と気持ちを切り替えて引退を1年伸ばしたそうです。

事務所の説得がなければ、もうすでに引退されていたということですね。

10月に申し入れて12月末に引退では、あまりにも期間が短すぎます。

1年の延期によってファンと最後に接する機会を設けることができたということで、事務所の説得はナイスでしたね。

スポンサーリンク

森昌子の引退、その後の人生は?

森昌子さんの引退後はなにか考えや計画があるのでしょうか?

実は引退後の人生は全くの白紙状態だそうで、「今は明日の仕事の準備に追われる日々。全ての仕事が終わってから、ゆっくりと考えたい」と関係者に話しているそうです。

まずは引退に向けて、体に気をつけて走り抜けていただきたいですね。

スポンサーリンク

森昌子の引退、ラストはいつ?

年内いっぱいでの引退とのことですが、森昌子さんを拝見できる本当の最後はいつなんでしょうか?

昨年10月より還暦コンサートツアーを展開されています。

12月までに全国100ヶ所以上を訪れるとのことで、コンサートとして森昌子さんご本人に会えるのはこの還暦コンサートになりそうですね。

3月25日時点で12月12日の福島県でのコンサートまで決まっています。

それ以降のコンサート予定があるのか、今後の情報がキニナリますね。

または、年末のNHK紅白歌合戦で引退というパターンもありそうですよね。

スポンサーリンク

世間の反応は?

森昌子さんの引退発表についての世間の反応はこんな感じでした。

引退を惜しむ声が多い印象でしたね。

あとは、今回の引退発表記事を通じて息子さんについて知って驚いた、というツイートも見られました。

スポンサーリンク

まとめ

森昌子さんの引退は年内いっぱいということでした。

3人の息子さんも成人し、ご本人としても還暦を迎え、人生の節目として第二の人生を考えた上での決断だったのだろうと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Kininal , 2019 All Rights Reserved.