世の中のキニナル話題を紹介します

新紙幣はユニバーサルデザイン?数字フォントがダサいと話題!

アバター
WRITER
 
shinshihei
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

20年ぶりとなる紙幣の刷新が発表されましたね。

そんな中、新紙幣のデザインや数字フォントがダサいと話題になっています。

新紙幣のデザインの背景には「ユニバーサルデザイン」という概念があるようです。

今回は新紙幣のデザインについてキニナル情報を集めてみました!

スポンサーリンク
 
 

新紙幣のデザインがダサいと話題!

こちらが発表された新紙幣のデザインイメージです。

1万円札、5千円札、千円札の3種類すべてのデザインがフルリニューアルされるようですね。(あれ?2,000円札は……w?)

そんな新紙幣のデザインですが、発表早々デザインがダサいと不満続出のようなのです。

新紙幣のどういったところがダサいと言われているのか、調べてみました。

ダサいと言われる理由

  • 子供銀行券(おもちゃ)みたい
  • 外国紙幣みたい/日本らしくない
  • 数字が大きすぎるしフォントがダサい
  • カラフル過ぎ
  • チープ(安っぽい)

以上がダサいと思われている主な理由のようでした。

たしかに、これまで長年見慣れてきた現行の紙幣と比べると正直安っぽくなった感じは否めないですね…。

スポンサーリンク

新紙幣の数字フォントがダサいのはユニバーサルデザイン?

海外紙幣みたいという声も多かった新紙幣ですが、どうやら「ユニバーサルデザイン」を意識したデザインとなっているようです。

財務省のホームページにもこのように記載されていました。

ユニバーサルデザイン(券種間の識別性向上等)

・指の感触により識別できるマークの形状変更及び券種毎の配置変更

・額面数字の大型化(表・裏)

・「ホログラム」及び「すき入れ」位置を券種毎に変更

などを予定しています。

財務省「新しい日本銀行券及び五百円貨幣を発行します」https://www.mof.go.jp/currency/bill/20190409.html

では、ユニバーサルデザインとはいったいどんなデザインなのでしょうか?

ユニバーサルデザイン(Universal Design/UD)とは、文化言語国籍や年齢・性別などの違い、障害の有無や能力差などを問わずに利用できることを目指した建築(設備)・製品・情報などの設計(デザイン)のことである。

ウィキペディア「ユニバーサルデザイン」
https://ja.wikipedia.org/wiki/ユニバーサルデザイン

混同されがちな言葉として「バリアフリー」がありますが、「バリアフリー」は対象を障害のある方に限定とした考え方であり、「ユニバーサルデザイン」は障害の有無を問わず「できるだけ多くの人が利用可能であるようなデザインにすること」が基本コンセプトとなっています。

ユニバーサルデザインの具体例としては、

  • 車椅子利用者でも歩行者でも快適に使える幅の広い改札
  • 緩やかな傾斜で歩きやすいスロープ
  • 絵文字(ピクトグラム)を使った直感的な案内標識
  • マニュアルを見なくても使い方がわかる製品デザイン
  • 読みやすさ、視認性を向上させたUDフォント
  • シャンプーのボトルに印をつけ、目をつぶった状態でも他のボトルと区別できる

など、日常生活の中にユニバーサルデザインは浸透しています。

スポンサーリンク

ユニバーサルデザインとして見る新紙幣

では、ユニバーサルデザインの観点から見ると、新紙幣のデザインはどのように映るのでしょうか?

大きなゴシック体の数字フォント

新紙幣では、数字がとても大きく配置され、ゴシック体が使われています。

ゴシック体とは装飾性がなく、縦横の幅が均一な書体の総称で、視認性が高く、遠くからでも文字が判別しやすいとされている書体です。

WEBサイトなんかはほとんどがゴシック体ですよね。

また、現行の漢数字メインではなく、英数字をメインに据えたことも、ユニバーサルデザインの観点から見ると「言語」を問わず世界中の人が判別できるようにするため、と言えそうですね。

1万円札と千円札の「1」の表記の違い

よく見てみると、新紙幣の「1万円札」と「千円札」の「1」の表記が違います。

「1万円札」は頭が折れ曲がった「1」なのに対して、「千円札」は直線の「I」となっています。

これは私の予想ですが、「10000」と「1000」はパット見区別がつきにくいため、誤用を防ぐために視覚的な差別化を図ったのではないかと思います。

まさかの単純ミスじゃないよね……w?

スポンサーリンク

世間の反応は?

https://twitter.com/Iseyaebi_metal/status/1115548016327319554

やはり、見慣れた現行紙幣と比較してダサいと思う人が多いようですね。

一方で、ユーロなどの海外紙幣に近づいて現代的になった、という声もあり、これからの時代を象徴する新しい紙幣として好感を持っている人もいるみたいいです。

スポンサーリンク

まとめ

ということで、今回は新紙幣のデザインについて調べてみました。

個人的には、ユニバーサルデザインを取り入れた現代的なデザインとしてそこまでダサいとは思いませんでした。

ただ、現行の品格ある伝統的なデザインと、ユニバーサルデザイン(視認性を重視するためどうしてもシンプルな形になってしまいがち)とがうまく融合できていないな、という印象です。

まだ草案段階ということなので、今後さらに洗練されていくことを願います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Kininal , 2019 All Rights Reserved.